スラックラインとは?完全解説はこちら

ブログの執筆スピードが格段に上がる!Markdown記法とは?

こんにちは!

新米パパ、雑記ブロガーのスラックドロイド(@slackdroid)です。

このブログ「スラックライフ」を作り書き始めてから約2ヶ月。
自分の経験が誰かの役に立てばと思い始めたのものの、ブログを書くことも楽しくなってきました。

しかし、子どもが生まれ仕事をしながらブログを書く時間を確保するのは大変。
ブログを書くのことをいかに早くできるようになるかがもっぱらの興味です。

ブロガーに有名なMarsedit4を活用しているものの最近バグも多く、他に何か良い方法を調べていたところ、HTML記述を効率よく書けるように考えられた「マークダウン」方式があることを知りました。

  • マークダウン方式とは何?
  • マークダウン方式のおすすめのエディタは?

この記事では、このような思いをお持ちの方に向けて書いた記事です。

Markdown(マークダウン)記法とは?

Wikipediaを参照するとMarkdownの定義は以下のとおりです。

文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。 本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。

参照: Wikipedia

HTML記法とMarkdown記法の違い

HTML記法とMarkdown記法の違いを調べてみました。

項目 Markdown HTML
見出し1 # <h1></h1>
見出し2 ## <h2></h2>
見出し1 # <h1></h1>
引用 > <blockquote></blockquote>

こちらはMarkdown記法の一部ですが、HTML記法で必要なタブの記述を省くことができますね。

MEMO

すべての記法を知りたい方はGithub内の「Markdown Cheatsheet/PDF」をご覧ください。

Markdown記法ができるおすすめの3つのテキストエディタアプリ

Markdown記法だとブログを書くスピードがあがりそうなことがわかってきましたね。

そうすると、今まで使っていた「Marsedit 4」のようにブログ投稿に向いているMac向けのエディタアプリがないかを調べてみました。

Markdown記法を使って記述ができるテキストエディタの代表的な3つは以下です。

Ulysses

Ulysses マークアップ記法のおすすめアプリ

ブロガー内でMarkdown記法向けのアプリで一番有名な「Ulysses」。

多機能で、

  • iCloudなどクラウド経由、複数デバイスで同期が可能
  • 投稿記事をグルーピングや階層構造管理可能
  • 文字数カウントの表示可能
  • WordPressやMediumへ直接投稿に対応
  • ライブプレビュー可能
  • 多くのテーマが提供されている

といった機能が提供されています

無料ではなく有料サービスで、昨年買い切り型アプリからサブスクリプション型(定期購入型)に移行しています。

Bear

Bear マークアップ記法のおすすめアプリ

Evernoteに近いUIです。Bearに移行しても見た目もほぼ変わらず、それ以上にシンプルです。

Markdown記法に不慣れ方に向け、チートシートが簡単にみれたりMarkdown記述に対してショートカットキーも与えられていたりします。

Markdown記法が初めての方もスムーズに入っていけます。

Evernoteユーザにはマイグレーション方法も提供されているのでおすすめです。

Bear Pro(有料版)も提供されていて、無料版との違いは、

  • エクスポートできる形式が増える(PDF、HTML、DOCX、JPG)
  • 複数のデバイス間でメモを同期できる
  • 選択できるテーマの数が増える

といった機能が使えるようになります。

ATOM

ATOM マークアップ記法のおすすめアプリ

Github社が提供しているテキストエディタ「ATOM」。

執筆向けというよりもコーディングエディタのイメージが強いですが、Markdown記法にも対応しています。

ブログ投稿のための視点でATOMは、

  • HTMLとCSSの記述が可能
  • リアルタイムレビューが可能
  • プレビューにCSS適用が可能
  • パッケージが豊富

という利点があります。

Packages(パッケージ)はATOMの特徴です。

Chrome でいう Extentsion (エクステンション)をイメージしていただけるとわかりやすいです。

ATOM利用者がATOMの環境をより良くするためにPackagesを開発し公開し、誰もが利用できるようになっています。

そのため、Markdown記法でブログ記事を書きたいという人も多く、そのためのPackagesも豊富です。

ATOM自体は無料のため独自にカスタマイズしながら、執筆環境を作りたい人にはおすすめです。

私がATOMを選んだ5つの理由

「ATOM」を私は最終的に使うことにしました。

エンジニアではなく文系育ちの私がコーディングテキストエディタとして有名なATOMを選んだのは理由は、

  1. 無料で使いたい
  2. iPhone/iPadユーザではなくAndroidなどGoogleサービスに依存
  3. 執筆は基本的にMacのみ(モバイルでは書くことはほとんどない)
  4. JavascripやRubyの勉強中なのでコーディングエディタとして併用して使いたい
  5. 独自カスタマイズが可能

といったところです。

Markdown記法で書き始めるのが今回初めてなので、いきなり有料サービスを使うのも気がひけます。

また、EvernoteやiPhone/iPadのユーザでもないので、UlyssesやBearに魅力を感じませんでした。

ATOMにすることで、Marsedit 4のようにPreviewを本番環境のブログと同じPreviewにカスタマイズできるのも良いかなと。

カスタマイズに少し手間取るかもしれませんが、自分に合う形にできるのは魅力的なのでATOMにしました。

まとめ

Markdown記法についておさらいです。

  • プレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発された
  • 軽量マークアップ言語
  • Markdown記法に慣れると執筆スピードが格段にあがる

それぞれのMarkdown記法テキストエディタが向いている方は?

私はATOMを選びましたが、それぞれのアプリの良さがあるので、自分にあったサービスをお選びください!

Ulyssesがおすすめの方
  • モバイルやパソコンのデバイスに関係なくいつでも執筆できる環境にしたい
  • iPhone/iPadとMacで、Appleに依存
  • ブログのみならず、小説などの執筆もしたい
iPhone/iPadはこちら。
Ulysses
Ulysses
Price: Free+

Macはこちら。

Ulysses
Ulysses
Price: Free+
Bearがおすすめの方
  • Evertnote のヘビーユーザ
  • iPhone/iPadとMacで、Appleに依存
iPhone/iPadはこちら。

Macはこちら。

Bear
Bear
Developer: Shiny Frog Ltd.
Price: Free+
ATOMがおすすめの方
  • オリジナルの環境を構築したい
  • 執筆は主にパソコン
  • コーディングも行いたい

おわりに

今までMarkdown記法を知りませんでしたが、知れば知るほどHTML記法でブログを書くより格段にスピードがあがりました!

WordPressのテーマ「SANGO」独自の装飾がありMarkdown記法には適応しないものありますが、Markdownテキストエディタで書き上げ、Wordpress上で装飾はつけても良いかなとと試行錯誤しています。
ブログ執筆用にATOMをカスタマイズした内容について追々書きます。