スラックラインとは?完全解説はこちら

誰でも簡単にできる!リップルのXRPを仮想通貨取引所のウォレットからLedger Nano S(レジャーナノS)に送る方法

こんにちは!

新米パパ、雑記ブロガーのスラックドロイド(@slackdroid)です。

SLACKDROID

仮想通貨をハードウォレットで保管してますか?取引所でGoxされないようにしっかりと管理しませんか?

BitflyerCoincheckのTVCMをみて最近仮想通貨取引所でビットコインやリップルを買った方も多いかと思います。

購入した仮想通貨を取引所のウォレットにそのままにしていませんか?

2段階認証を設定していたとしても、悪意のあるハッカーなどにより購入した仮想通貨を勝手に送金や売買されているケースが今も後を絶たないです。
有名な事件では、マウントゴックスがあります。
2014年2月に、合計85万BTCが第三者に盗まれた事件です。

参考 マウントゴックスWikipedia

そのため、仮想通貨を取引所のウォレットから自分の手元のハードウォレットに移すことが大切です。

私は、2017年6月に公式サイトで注文した7月末に到着した「Ledger Nano S(レジャーナノS)」を現在は使っています。

今回、初めて耳にする方や利用する方向けに、そのインストールや送信方法を簡単に紹介します!

注意
私がMacbook Pro 15(2017)を利用し送信した方法です。WindowsでもWindows7以降であれば利用可能です。私はWindowsを搭載したパソコンを保有していないため、検証は行っていません。ご留意ください。

Ledger Nano S(レジャーナノS)の購入について

私が利用しているハードウォレットは、Ledger社「Ledger Nano S」です。他に有名なものとして、SatoshiLabs社「TREZOR(トレザー)」があります。

2つの違いは以下のとおりです

MEMO
スマホで閲覧している場合、「TREZOR」の部分が隠れています。
表の上で横にスワイプしていただくと「TREZOR」の情報が表示されます。
項目 LedgerNanoS Trezor
金額 €79(約10,748円) €89(約12,100円)
対応通貨
  • Ark
  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Bitcoin Gold
  • Ethereum/ Ethereum Classic
  • Expanse
  • Dash
  • Digibyte
  • Dogecoin
  • Hcash
  • Komodo
  • Litecoin
  • Pivx
  • PoSW
  • Qtum
  • Stealthcoin
  • Stellar
  • Stratis
  • Ubiq
  • Vertcoin
  • Viacoin
  • XRP
  • Zcash
  • Bitcoin
  • Litecoin
  • Dash
  • Zcash
  • Bitcoin Cash
  • Bitcoin Gold
  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • Expanse
  • UBIQ
  • NEM
  • Namecoin
  • Dogecoin
  • Bitcoin Testnet

それぞれの対応通貨はここ一年で徐々に増えています。
新たな通貨対応のアップデートは、それぞれの公式サイト上で確認することをおすすめします。

MEMO
Ledger社「Ledger Nano S」は、「Which altcoins and tokens are supported by the Ledger products?」を参考しています。
一方、SatoshiLabs社の「TREZOR」は、「Which coins are currently supported?」を参考しています。

私は、Ripple「XRP」を主に保有しているため、XRPに対応している「Ledger Nano S(レジェーナノS)」を購入しました。
なので、皆さんも保有している仮想通貨によってどちらかを選んで購入するので問題ないかと思います。

「Ledger Nano S」は必ず公式サイトから購入しましょう!

Amazon、楽天やメルカリでも素性のしれない業者から買うと、悪意あるソフトウェアや改造が仕込まれている可能性もあります。
そのため、絶対に公式サイトから購入しましょう!
英語ではありますが、在庫があればDHLで数日から1,2週間で届くので心配する必要はありません。

Ledger社「Ledger Nao S(レッジャーナノS)」の商品ページから購入可能です。

「Ledger Nao S(レッジャーナノS) 購入ページ
Ledger Nano S - The secure hardware wallet

それでは、取引所のウォレットに入っているリップル「XRP」を手元のハードウォレット(Ledger Nao S)へ移していきましょう!

Ledger Manager(レジャーマネージャー)をChromeにインストールする

最初に、Ledger社公式サイト内の「Ledger Manager(レジャーマネージャー)」ページを開き、「Ledger Manager(レジャーマネージャー)」拡張機能をChromeにインストールしてください。

Ledger Manager(レジャーマネージャー)をChromeにインストール
Ledger Manager(レジャーマネージャー)をChromeにインストール
Ledger Manager(レジャーマネージャー)をChromeにインストール

Chrome拡張機能に追加が完了するとこのように表示されるようになります。

Ledger Manager(レジャーマネージャー)をChromeにインストール完了

Ledger Manager(レジャーマネージャー)をクリックするブラウザで別ウインドウが立ち上がり、Ledger Nano S(レジャーナノS)の「Ledger Wallet」を接続するようにメッセージがでます。

Ledger Manager(レジャーマネージャー) 新規ウィンドウ

Ledger Nano S(レジャーナノS) をMacとつなげる

USBでLedger Nano S(レジャーナノS) をパソコンに接続します。「Press both buttons to begin.」と表示されるので、2つのボタンを同時に押してください。

Ledger Nano S(レジャーナノS) をMacと接続

すると、「Configure as new device?」と表示されるので指示通りに進めます。

Ledger Nano S(レジャーナノS) をMacと接続

  1. 「1.Choose your PIN code」で表示されますので2つボタンを同時に押し、任意のPIN code(4-8桁)を入力してください。
  2. 「2.Confirm your PIN code」で表示されますので2つボタンを同時に押し、先程入力したPIN code(4-8桁)を入力してください。
  3. 「3.Write down your recovery pharase」と表示され、リカバリーフレーズとして24単語が一つ一つ表示されていくので、同封の「My recovery pharse」シートに間違えないように記録してください。
  4. 「4.Confirm your recovery phrase」と表示され、そして「Select word #**」と出てくるので適切な単語を選択してください。

さいごに、「Your device is now ready」と表示され完了です。

Ledger Nano S(レジャーナノS) をMacと接続完了

注意
リカバリーフレーズ(Recovery phrase)はこのタイミングのみの表示のため、絶対に紛失や答案されないように大切に保管しましょう。
Ledger Nano S(レジャーナノS) リカバリーフレーズを保管

Ledger Nano S(レジャーナノS)のファームウェアアップデートを行う

ウォレット設定を行う前に、Ledger Nano S(レジャーナノS)のファームウェアのアップデートがあるかを確認しましょう。
購入時にファームウェアは初期(一番古い/販売開始時)の状態であるので、アップデートを行いましょう。

先程の設定が完了すると、立ち上げていた「Ledger Manager(レジャーマネージャー)」が自動的にファームウェアのインストールを推奨してきます。
その指示通りにダウンロードしましょう。

Ledger Nano S(レジャーナノS) ファームウェアアップデート

Ledger Nano S(レジャーナノS) 側に「Allow Ledger manager?」と表示されるので「チェック(✓)」側のボタンをクリックして進めてください。
そうすると、「Update firmware」と表示されるのでインストールしましょう。

Ledger Nano S(レジャーナノS) ファームウェアアップデートの許可

Ledger Nano S(レジャーナノS)に「リップル」のアプリケーションをインストール

Ledger Manager(レジャーマネージャー)内の「アプリケーションズ(Applications)」から「リップル(Ripple)」を選び、インストールしましょう。

Ledger Nano Sにリップルのアプリケーションをダウンロード

インストールにあたってハードウォレット側でPIN Codeを入れ、「Allow Ledger manager?」と表示されるので「チェック(✓)」側のボタンを押し、許可しましょう。

Ledger Nano S PIN code

インストールがうまくいくと、ハードウォレット側にリップル(Ripple)のマークが表示されます。
表示されていましたら、うまくインストールが完了したということです。

Ledger Nano S リップルのアプリケーションをダウンロード完了

こちらで「Ledger Manager(レジャーマネージャー)」の初期設定とリップル(Ripple)のXRPを受けれいる設定が完了したので、一旦「Ledger Manager(レジャーマネージャー)」の接続を終了しましょう!あともう少しです!

Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)をMacにインストール

次は、Ledger Manager(レジャーマネージャー)」のインストールと同様に、Ledger社公式サイト内の「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」ページを開き、「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」アプリをMacにインストールしてください。

Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」アプリをMacにインストール

「DOWNLOAD」ボタンをクリックすると約83.9MBファイルがダウンロードされますので、ダブルクリックしインストールを始めます。

「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」アプリをMacにダウンロード

「Ledger Wallet Rippleインストーラ」が立ち上がるので、手順に沿ってインストールを進めます。

Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」インストーラ

ダウンロードが完了するとMacのLaunchpad内に「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」がインストールされています。

MacのLaunchpad内に「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」がインストール完了

「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」を立ち上げると、「Ledger Nano S(レジャーナノS)」と接続するように求められますので、PIN Codeを入力し立ち上げあげましょう。

Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)

「Ledger Nano S(レジャーナノS)」側のリップル(Ripple)を選択し、左右ボタンを同時押し、連携させます。
そうすると、「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」側で「MY ACCOUNT」が表示されるので接続OKです。

これで、パソコン側の設定完了です。
ハードウォレットの「Ledger Nano S(レジャーナノS)」もパソコンも設定ができたので、XRPを送信するための準備完了です!

取引所のウォレットからLedger Nano S(レジャーナノS)にリップルのXRPを送る方法

試しに今回、コインチェック(Coincheck)からリップルのXRPを送ってみましょう。

まず、「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」の「↓」マークからXRPを受け取るアドレスを表示させます。

Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)受信アドレス

ここにあるアドレスまたはQRコードに送ることで、「Ledger Nano S(レジャーナノS)」に資金を移動させることができます。

コインチェック コインを送る

次に、コインチェック(Coincheck)にログインし、以下の流れで送信を行います。

  1. 「コインを送る」を選択
  2. 「Rippleを送る」を選択
  3. 「送金先リストの編集」をクリックし、新規宛先に「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」に表示されたアドレスを登録
  4. 送金したいXRPの金額を記入
  5. 「送金する」をクリックし、送金手続き完了
注意
初めて送金を行う場合、少額で試すことをおすすめします。
手数料が「0.15XRP(2017年9月17日 午前11時56分時点、2.86円(JPY)」がかかりますが、正しく送金が行われるかを確認した上で本来送金したい金額で再度行いましょう。

リップルのXRPの送金はめっちゃはえーーー!

送金ボタンを押すとほぼ即座にコインチェック(Coincheck)からLedger Nano S(レジャーナノS)にリップル(Ripple)のXRPが正しく送金されていることが「Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル)」で確認ができます!

Ledger Wallet Ripple(レジャーウォレット リップル )受取確認

リップ)、めちゃはえーーー!!!!

ビットコインの場合、送信依頼してから実際に届くまで、数十分から数時間かかることが多々あります、、、

しかし、リップルの送金は、基本的には数分無いで完了します。

これは、本当に素晴らしい!!

おわり

取引所のウォレットからLedger Nano S(レジャーナノS)へリップルのXRPを送る方法はいかがでしたでしょうか。

誰でも簡単に送金できるかと思います。マウントゴックス事件がどの取引上で再度発生するかもしれませんし、アカウントに侵入され盗難にあうかもしれませんので、ハードウォレットで保管しておくことを本当におすすめします!

リップル以外のビットコイン)やイーサリアムも同じ1つの端末で保管ができます。手順はRipple(リップル)と同様なので必要に応じてやってみてください!

レジャーナノS(Ledger Nano S)は公式サイトで購入を。

再度ですがハードウォレットは必ず公式サイトから購入しましょう!

Ledger Nano S - The secure hardware wallet

おすすめの取引所

コインチェック(Coincheck)

今回、活用した取引所「コインチェック」。ビットコイン以外のアルトコインを購入するならおすすめです!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ザイフ(Zaif)

積立投資ができる唯一の取引所。価格変動が激しい暗号通貨・仮想通貨で、価格にとらわれず淡々と毎月一定額購入できるように設定できます。

背積立投資ができるビットコイン仮想通貨取引所 Zaif(ザイフ)