スラックラインとは?完全解説はこちら

JPEG画像を簡単に最大80%圧縮!ブログのページ読み込みを高速化。Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版を使ってみた。

JPEG画像を簡単に最大80%圧縮!ブログのページ読み込みを高速化。Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版レポート

こんにちは!

新米パパ、雑記ブロガーのスラックドロイド(@slackdroid)です。

ブログ投稿を続けていると写真や画像を使わない日はありません。

しかし、一眼レフのミラーレスやスマホを撮影した写真を少し加工し、いざアップロードしようとすると写真のファイル容量が大きく驚くことがありませんか?

JPEG画像のファイルサイズを見た目をほとんど劣化させずに圧縮できるものはないかと探していると「JPEGmini」の評判が良く、有料版もありますが結構高く(約11,000円)です。

「写真の画質を著しく劣化させたくない」「簡単に容量を削減しアップロードしたい!」とブロガーにはまさに適するMacアプリだと思ったので、有料版(Pro)のトライアル版を使ってみることにしました。

JPEG画像が簡単に一括で圧縮できるのは作業の短縮化につながるので使用感が良ければ購入を検討中です。

それでは、この「JPEGmini Pro」アプリの解説と使用感を紹介します。

「JPEGmini」公式サイトから体験版をインストール

まず「JPEGmini」公式サイトの「JPEGmini Pro」ページに行き、体験版をインストールします。

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版

参考 JPEGmini ProJPEGmini

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、「JPEGmini Pro」を立ち上げると「Start Your Free Trial」があるのでそちらのクリックします。

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版をダウンロード

名前とメールアドレスを登録すると、終了です!

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版に登録

めちゃくちゃ簡単なセットアップですね。

体験版は最大200枚(200ファイル)まで圧縮可能

アプリを立ち上げるとこのようなに表示されます

右上の「BUY NOW」の下に「200 PHOTOS LEFT」とありますので、体験版では最大200枚まで圧縮が可能用です。

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版の利用画面

基本的な使い方は、圧縮したいJPEGをアプリ内にドラッグ&ドロップするだけでOK!!

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版の利用方法

初期設定は元ファイルが自動的に更新されてしまうので注意!

早速、試しにJPEG画像を1枚圧縮させようとしたらところ、以下のアラートメッセージが表示されました。

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版の利用時のアラート

つまり、圧縮後のファイルが圧縮させたい元ファイルを上書きする仕様に最初はなっているので良いかというメッセージです。

私は、圧縮前のファイルを念のため残しておきたい派です。

調べたところ、「Preference」から元ファイルはそのまま残し、JPEG圧縮後のリサイズや指定した場所に書き出す設定も可能です。

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版 圧縮後の取扱い

JPEG画像の圧縮前後比較!

実際に、「JPEGmini Pro」に私のプロフィール画像を取り込んでみました。

すると、時間にして数秒で圧縮完了!しかも、2.10MB(41%)圧縮!

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版において圧縮実験

すごい簡単で、早い。。。。これは、言うことなしのアプリです!

念のため、実際に圧縮前と圧縮後で比較してみました。

圧縮前:5.2 MB

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版の圧縮実験 圧縮前

圧縮後:3.1 MB

Macアプリ「JPEGmini Pro」体験版の圧縮実験 圧縮後

うーん、、、全然わかりません!!それだけ圧縮技術がすごいということですね!

JPEGminiProはこちらから

JPEGmini Pro
JPEGmini Pro
Developer: Beamr Imaging Ltd.
Price: unknown

おわりに

トライアル版ではありますが、すでに複数枚のJPEG画像を一括し短時間で圧縮できる恩恵をかなり享受しています。

そのため、最大200枚までは使えるものの、使い倒した瞬間に購入しても良いかとすでに思っています!トライアル中に何かあればまた更新します!