スラックラインとは?完全解説はこちら

スラックラインが体験できる東京都内のおすすめのジム・スポット情報(更新:2018年6月13日)

スラックライン 体験 東京

更新日:2018/06/13

こんにちは!

新米パパ、雑記ブロガーのスラックドロイド(@slackdroid)です。

SLACKDROID

Gappai(ガッパイ)こと、大杉徹ライダー!すごかったですね!あんな高いところでスラックラインをやるなんて、高所恐怖症の私は無理です(笑)。

ただ、あんな高いところじゃなくてもスラックラインはできます!

綱を渡りながら平衡感覚などを鍛えられるスラックライン。最近、よくテレビでも取り上げられますね。

しかし、スラックラインを体験したいのに、体験できる情報が残念ながらほとんどありません。

  • テレビでみたスラックラインを体験してみたい!
  • 東京都内でスラックラインができる場所ってあるのかな?

上記のように、スラックラインを始めてみたいと探している方に向けた記事です。

今回、東京都内を中心に、私も体験したことがある場所を含めおすすめの7つのジムやスポットを紹介します。

注意
本投稿の内容に関して、最新情報を心がけていますが、各ジムやスポットでスラックラインの体験にいく前に、念のため一度各ジムやスポットに連絡し確認することをおすすめします。予めご了承ください。

ちなみに、「スラックライン」ってそもそも何?と気になる方はこちらもあわせてどうぞ!

私がおすすめするスポット(2施設)

SSC桜台-ねりまSSC

NPO法人 スポーツコミュニティー桜(SSC桜台) スラックライン

Photo by SSC桜台

NPO法人「スポーツコミュニティー桜(SSC桜台)」が運営されているスポーツクラブです。

「スポーツコミュニティー桜(SSC桜台)は、子どもから大人までスポーツに楽しめる総合型地域スポーツクラブで、スラックラインを含めエアトランポリン、ダブルダッチなど様々スポーツを提供しています。

そのスポーツのひとつとして、スラックラインがあり、練馬区の桜台体育館でほぼ毎週土曜日10:00-12:00に実施されています。

参加費用も一人500円でとても良心的です!

また、スラックラインを行う場所が体育館のため、平均台、跳び箱やマットを利用し、合計で5つのラインが張られています。

設置ライン本数
  • 膝下の高さのスラックラック:1台
  • 膝上の高さのスラックラック:1台
  • 膝の高さで6-8mの長さのライン:1つ
  • 腰の高さで10m前後の長さのライン:2つ

初心者の方から中上級者の方まで楽しめるラインが揃っている珍しい場所です!

MEMO
スラックラインは、従来、外で木と木の間にラインを張り遊ぶスポーツですが、室内でもスラックラインを気軽に楽しめるように開発された商品が スラックラックです。

使い方は器具を組み合わせて、通常通りにラインを張るとをスラックラインを楽しめます。

また、「スポーツコミュニティー桜(SSC桜台)」運営のサポート、また、講師として、「第一回日本オープンスラックラインチャンピオンシップ優勝」「ギボンワールドカップツアー総合7位」でスラックラインの先駆者であるアズキャンこと我妻吉信さんが指導してくれます!

我妻吉信(アズキャン/Az-can)

Photo by TOTAL Workout

500円ワンコインで2時間もスラックラインができ、スラックラインを初めて体験する方もアズキャンこと我妻吉信さんが丁寧に教えてくださるとても素敵な環境です!

西東京スラックライン部

西東京・保谷・ひばりヶ丘エリアで活動されているNPO法人スポーツアシスタントが運営している「西東京スラックライン部」です。

NPO法人Sports Assistants理事長兼よしもと興業ふるさとアスリート所属の吉田政樹さんが中心に、西東京・保谷・ひばりヶ丘エリアで平日・週末に家族で参加できるスラックライン部を運営されています。

NPO法人Sports Assistantsを発足した背景として、吉田講師が週末だけではなく、もっと頻繁にスラックラインをやりたいという思いから立ち上げられました。

また、吉田講師は学生時代に体操をやっており、子どもたちにスラックラインのみならず体操教室も開いています。

「スポーツコミュニティー桜(SSC桜台)」と同様に、西東京スラックライン部も小学校の体育館で行われているため、平均台、跳び箱やマットを活用しラインが張られています。

体育館の状況や参加人数によってラインの設置数は異なりますが、以下のラインが張れています。

設置ラインについて
  • 膝下ぐらいの高さのスラックラック:1-2台
  • 腰程度の高さで6-10mの長さのライン:1-2つ
  • 胸または肩の高さで、15m〜前後の長さのライン:1つ

「スポーツコミュニティー桜(SSC桜台)」と同様に、初心者の方から中上級者の方まで楽しめるラインが揃っています。

特に、「胸または肩の高さで15m〜前後の長さのライン」が室内できる環境は、東京都内で西東京スラックライン部のみではないかと思います。

「スポーツコミュニティー桜(SSC桜台)」と同様に、西東京スラックライン部も、スケジュール次第によってアズキャンこと我妻吉信さんが指導してくれます!

以下、NPO法人Sports Assistantsと西東京スラックライン部の情報です。

スポーツジム(4施設)

ZERO Fight&Fit スラックライン(千代田区神田神保町)

神保町駅から約5分にある「ZERO Fight&Fit」ジムです。

TVや雑誌等でよく取り上げられる岡本啓トレーナーが運営するパーソナルジムです。

パーソナルジムにもかからず、ジム内の空いた時間を活用し平日や週末に定められた時間に、GIBBON社のスラックラックを2台設営しています。

また、そのスラックライン開放時間が仕事帰りに使いやすい19:00以降に設定されていることが多いです。さらには、30分500円というワンコイン価格でとても気軽にスラックラインを楽しむことができます。

その開放時間や曜日も毎週ZERO Fight&Fit Slacklineの公式ホームページ上のグーグルカレンダーに更新されていますので、スラックラインができる日がわかりやすく、参加できる日の予定が組みやすいです。

スラックラインを初めて体験する方向けに、定期的に「スラックライン初心者体験会」が週末に開いていて、岡本啓トレーナーが直接1時間ほど歩くコツなど指導してくれます!

スラックライン初心者体験会の内容、申込や問い合わせは「ZERO Fight&Fit」公式ホームページでご確認ください。

ティップ・クロス TOKYO 渋谷(渋谷区宇田川町)

渋谷ロフトの裏辺りにあるティップネス・クロス TOKYO 渋谷。

通常のティップネスと異なり、様々なワークアウトプログラムや最新器具が提供されている都心型ジムです。

その中の一つとしてスラックラインが取り入れられています。

ティップネス・クロス TOKYO 渋谷では、第一回日本オープンスラックラインチャンピオンシップ初代優勝者のAzcanさんから直接教えてもらえるワークアウトプログラムもあります。

一方で、ティップ・クロス TOKYO 渋谷に会員になる必要があります。

既に会員の方、または、スラックラインをしながら身体を鍛えたいと思っている方には「ティップネス・クロス TOKYO 渋谷」はおすすめです。

アトリオドゥーエニ 二子玉川(世田谷区玉川)

二子玉川駅周辺の開発が進み、住みやすい街「二子玉川」。
二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット内にあり、利便性がとても高い場所にあります。
スラックラインが体験できるように利用可能時間帯を設けています(2016年9月4日時点)。

スラックライン利用可能時間

  • (月)16:15-18:30
  • (火)17:00-19:45
  • (木)14:20-15:30
  • (金)13:30-14:00 / 16:15-18:45
  • (日)16:15-18:30
*その他フリースペースの時間もご利用いただけます。変更の可能性もございます。予めご了承ください。

引用:ギボン日本オープンスラックライン選手権大会での配布チラシ参照

 

YSA – Yamamoto Sports Academy(大田区中馬込)

格闘家山本KID徳郁選手が運営するスポーツジムです。

柔術、キックボクシング、レスリング、初心者MMA(打撃)、初心者MMA(寝技)、中級者スパーリングや護身術など様々なクラスが開催されており、初心者からプロ志望者まで学ぶことができます。

クラスによっては、KID選手直々に指導してもらえます。

その中、月1-2(不定期)で「スラックライン講習会」が開催されています。
講師は、GIBBON SLACKLINES の中村 朱里(ACCA)選手です(講習会によって異なる場合もあります)。

クライミングジム(1施設)

WESTROCK CLIMBING GYM (府中店のみ/府中市分梅町)

クライミングやボルダリングをはじめたい方向けのボルダリングの楽しみ方を学べるジムです。

その中で、週末等の特定の時間で、スラックライン初心者対象のスクールを行っています。ラインに立てない人、ラインを歩けない人を対象にした初心者向けとなっています。

本ジム会員の方なら無料で受けられるようですが、非会員の方は問い合わせを行うことをおすすめします。

残念!惜しまれつつ閉店または休業中のスラックライン専門ジム

Solanis(ソラニス)

スラックライン黎明期からスラックライナーが集まり互いに高め合うジムとして、西荻窪のスラックライン専門ジムとして開業し運営されていましたが、2015年5月24日をもちましてジム業務のみ休業なっています。

スラックラインジム インディゴ

Solanisと同様に、スラックライン黎明期からスラックライナーが集まり互いに高め合うジムとして、上野駅から徒歩10分程度の場所に2011年7月2日にオープン。
しかしながら、2014年.3月7日に惜しまれながら閉店。

スラックラインの基礎をしっかり学びたい方にはこちらがおすすめです

GIBBON Slacklines インターナショナルプロライダーのGappai(ガッパイ)こと、大杉 徹選手が講師としてスラックラインの基礎を紹介してくれるDVD「絶対できる! 【スラックライン入門】 〜トッププロが教える16テクニック〜」が教材として唯一販売されています。

おわりに

東京都内でスラックラインが簡単に体験できるジムやスポットはまだ少ないですが、徐々に増えてきています!
もし紹介したスポットやジムがお近くにありましたら、スラックラインの体験にぜひ一度行ってみてください!
スラックラインを一度体験すると、夢中になると思います。

Enjoy slacklining!