スラックラインとは?完全解説はこちら

本当に買って良かった!生後0-3ヶ月向けおすすめの子育てグッズ10選

本当に買って良かった!生後0-3ヶ月向けおすすめの子育てグッズ10選

こんにちは!

新米パパ、雑記ブロガーのスラックドロイド(@slackdroid)です。

娘が生まれて3ヶ月が経ちました。

育児休暇も終わり、毎日娘と過ごす日々が懐かしく感じる今日このごろです。

娘が生まれてから3ヶ月も経ったことは驚きでしたが、表情も豊かになり「あーあー」と声も出し反応するので、一緒に遊んでいても反応があるので楽しい時間が増えてきました。

生まれてから生後3ヶ月は首が座っていないため気をつけることがたくさんあります。

  • 授乳の姿勢が大変で腰が痛い
  • 背中スイッチがあってどうすれば良いだろう?
  • 生後0-3ヶ月のとき、何があれば便利だろう?

この記事では、このような思いをお持ちの方に向けて、妻と私が娘をあやすために様々な育児グッスを使った中で「これはめちゃくちゃ助かった!」というアイテムを紹介していきます。

生後0-3ヶ月向けおすすめの子育てグッズ10選

今回紹介する子育てグッズは、娘が生後0-3ヶ月間に購入し使用した中で本当におすすめする育児グッズです。

生後3ヶ月以降の月齢でも使用できるものもありますので、これからお子さんを迎える方にも自信をもっておすすめできます。

円座クッション

男性が円座クッションをきいて想像するのは「痔」。

ですが、女性には死活問題で必須の円座クッションです。

妻は帝王切開まではいきませんでしたが、会陰切開を少し行ったため出産後、円座クッションなしに座ることはできませんでした。

適度な硬さと柔らかさがないと激痛が走るため、妻が何個購入した中で低価格にもかかわず、しっかりとした作りだったのがこちらの円座クッションです!

トッポンチーノ

先輩から聞くまでまったく知りませんでしたが、モンテッソーリ教育で推奨されている小さな楕円形のクッションで赤ちゃんを包み込む布団です。

布団があるので必要ないと思いきや、生まれから生後3ヶ月まで妻ともに一番良かったグッズです!

何が良いかというと、

  • 首が座っていない赤ちゃんを抱っこしやすくなる
  • 泣いている赤ちゃんをこのトッポンチーノの上に乗せた状態であやした後、そのままベッドに置ける
  • 授乳枕と重ねて置け、高さを出せる

特に2番目が我が家では効果テキメン!

トッポンチーノがないと手の上で娘をあやしたあとベッドに置くと、手の上とベッドの感覚が変わってしまうため再度泣いてしまうことがほとんどでした。

しかし、トッポンチーノを使い始めたところ、トッポンチーノの上に娘を乗せそのまま腕や手の上であやしベッドにおいても、娘はトッポンチーノの上のままで感覚が変わらないので背中スイッチが入らなくなっていきました!

これがなかったら本当にどうなっていたかと思うぐらいおすすめのアイテムです!

授乳クッション:エルゴベビー・ナチュラルカーブ・ナーシングピロー

娘が生まれた当初、別の授乳クッションを購入し使っていましたが、妻の胸の高さと娘の大きさが合わず、前かがみに授乳を与えていました。

そのため、授乳からの腰や肩のコリに妻は悩まされ、高さがある授乳クッションを探していたところ、エルゴで授乳クッション「エルゴベビー・ナーシングピロー」があることを発見!

抱っこひもで不動の地位を築いているエルゴなので間違いないだろうと買ってみたら、間違いなかったです!

>>>エルゴベビーの公式通販サイトを見に行く

参考までに妻の身長は160cmぐらいです。

抱っこひも:エルゴ・アダプト

抱っこ紐といえば「エルゴ」。

お子さんがいる人に聞くと誰もがおすすめするエルゴ。我が家ももれなくエルゴにしました。

数あるエルゴの商品の中で私が選んだのは、「エルゴベビー・ベビーキャリア ADAPT(アダプト) クールエア/ディープブルー」です。

エルゴベビー・ベビーキャリア ADAPT(アダプト) クールエア/ディープブルー」を選んだ理由は、メッシュで通気性が良いところです。

他の種類と比較してもそれぞれの違いには大きさはないと私は感じ、以下のような点で選びました。

  • 幼児の体温は大人より高い
  • 年中利用できる仕様
  • 寒い季節は厚着で対応

>>> エルゴベビーの公式通販サイトを見に行く

ベビーホッパー 3way(カバー/ダウンカバー/レインカバー)/

エルゴベビー・ベビーキャリア ADAPT(アダプト) クールエア/ディープブルー」を選んだ背景には、こちらの「ウインター・マルチプルダウンカバー」が使えると知っていたのも一つの理由です。

ウインター・マルチプルダウンカバー」は、抱っこ紐のエルゴにつけられるだけではなくベビーカーにも装着できるすぐれものです!

ベビーカー用に別の商品をわざわざ購入する必要がなくなります。

>>>BabyHopper公式通販サイトを見に行く

ベビーカー:ピジョン ランフィ リノン グレー

アカチャンホンポとピジョンの共同開発されたベビーカー「ピジョン ランフィ リノン グレー」です。ママさんの使い勝手を考え抜かれている点が各所にあります。

5.6kgと他メーカーと比較しても軽く、実際にもって軽いです。

軽すぎる耐久性も気になり、子どもが大きくなり重くなったときもベビーカーが貧弱だと進みづらくなってしまうのである程度の重さも必要です。

また、男性にとっても素敵なポイントがあり、タイヤの間隔が広くU字バーになっているので、ベビーカーを押しながら足が当たることがないのです!

その他のメーカーを試しに押す機会があったので、タイヤ間が狭いとタイヤに足が当たってしまい、かなり押しづらいです。

I字と比べるとU字は足に当たるかも?という心配をなくしてくれます。

購入できるサイトがアカチャンホンポと限られますが、デザインもおしゃれで新生児から使えるので買って良かったと思うベビーカーです!

ファルスカ コンパクトベッド

妻との話し合い、娘には「寝るときは必ず寝室」「起きているときはリビング」とメリハリがわかるようにしようと決めていたので、生後0-3ヶ月だと寝転ぶ場所をリビング内に作る必要があります。

この「ファルスカ コンパクトベッド」はクッション性があり持ち運びも可能な管理ベッドです。

リビングの掃除のときも、簡単に動かせるのでとても便利です。

首が座り始めてから実家に帰省する際、車に積んでいけ自宅と同じ感覚で娘が安心し寝られる場所が作れます。

布団11点セット:ベビー寝具専門店 undoudou

ファルスカ コンパクトベッドはリビング用のため、寝室のベビーベッド用の布団が必要でこちらを購入しました。

ベビー寝具専門店 undoudouが販売しているこのベビー布団11点は、必要なものすべてがセットになっています!

このセットを購入すれば寝室用で他に買わなければいけないものはありません!

布団11点セット内容
  1. 掛布団カバー
  2. 掛布団中芯
  3. まくらカバー
  4. まくら中芯
  5. 固綿敷布団
  6. フィッティングシーツ
  7. ベビーまくら
  8. 防水シーツ
  9. 汗取りパット
  10. 洗濯ネット

この通り、このセットがあれば他にいるものはほんまにないです。

ベビー枕:&TERUMORE

ベビー寝具専門店 undoudou のベビー布団11点セットと「ファルスカ コンパクトベッド」のそれぞれにU字型ベビー枕が入っていますが、生後2ヶ月ぐらいから大きさが娘には合わなくなってしまい、こちらのベビー枕を購入。

平らな枕ではなく頭を置くところが少しくぼんでいて、子どもの頭がおさまりやすい形状です。

娘も大きくななり頭がフィットし、くぼみに頭が心地よくおさまり、よく寝ています。

生後1ヶ月頃の買った当初、体と頭がまだ小さく合いませんでしたが、生後2-3ヶ月ごろからサイズにマッチするようになり、今では寝室とリビング用の2つを購入し使っています。

ベビーカメラ:Aolecaネットワークカメラ

生後2ヶ月目ぐらいに買ったんですが、生まれときから買っておけばよかったと後悔したぐらい、ベビーカメラはおすすめです。

初めての子どもの場合、「ちゃんと息して寝ているのか」「布団はかかっているかな?」など悩みはつきません。

寝室に入るたびに赤ちゃんに光が当たったり音がしたりすると起きてしまうじゃないかとそれも不安でした。

けれど、「Aolecaネットワークカメラ」購入し設定してから本当に安心できるようになりました。

関連記事>>>コスパ良し!映像鮮明!ベビーモニター&ベビーカメラ用「Aolecaネットワークカメラ」が予想以上に良くておすすめ!

まとめ

今回紹介した子育てグッズのおさらいです。

おわりに

新米パパと子ども
今回紹介した商品は実際に買って使った子育てグッズの中で、妻とともに「これがなかったら困るよね」といいう視点でリストアップしました。

ここに至るまで違うメーカーの商品を購入し使わなくなったモノも多くあります。お金もかかってしまいますが、「妻を少しでも楽にしてあげたい」「娘にとって心地よいのはどれか」という思いは変わりません。

紹介した商品は我が家が自信をもって本当におすすめする子育てグッズです!

皆さんにも合う商品が見つかれば嬉しいです。

 

あわせて読む>>>夫婦で読もう!出産前におすすめの子育て・育児本3冊